• FXサービスコスト0.2銭
  • ガチンコバトルで4人のトレーダーが競いあう
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

怠け者の楽々投資の売買戦略

【第2位】 実現損益 +43,540円(収益率 +14.5%)[2018年7月4日~2018年8月31日06:00まで]

2018/8/31時点で設定中のトラッキングトレード

通貨ペア ポジション方向 想定変動幅 ポジション間隔 対象資産 実現損益(運用期間)
豪ドル円 買い 500pips 10.0pip 300,000円 +43,540円(運用中)

設定開始日:2018/7/4 設定時の相場水準81.632円 注文ロット数:1ロット

【7/4時点の設定の根拠】 1.豪ドル円は、2016年11月14日から現在まで、下値80円50銭から上値89円ほどの値幅で推移している。
 80円以上のレベルでレンジを作りながら値動きしており、現在値はその下限に位置している。
 資源国の強みを生かした経済の安定性を考慮し「買い」を選択。
 
2.想定した変動幅は500pip(5円幅)
 2016年11月7日につけた安値76.788円を最終サポートラインとします。
 
3.取引停止水準も同レベルの76.788円(2016年11月7日安値)としますが、現在のレンジ幅下限とした80円50銭(2016年11月14日安値)を割り込んだ場合は、そのときの相場の勢いしだいでは一旦停止を考えます。
【8/31時点の戦略】 今週の豪ドル円は、週前半・中盤と以前の想定レンジ(80円50銭~84円50銭)に戻っていましたが、31日(金)はまたレンジ下限に押し戻されています。

先週は、79円69銭(8月15日安値)、81円48銭(8月21日高値)のどちらを抜いてくるか注目していましたが、今週の豪ドル円は81円48銭(8月21日高値)を上抜けて始まり、堅調さをみせてくれましたが、懸念材料であった米中貿易摩擦が再燃し、頭を抑えられています。

この下落で再び利益の種(新規ポジション)がまかれているので、保有ポジションが35ポジションと増えていますが、ポジション間隔の10pip毎に利益を刈り取っていくこととなるので、細かい上げ下げを見越して現状の設定で週を越したいと思います。

来週の予想レンジは、79円69銭(8月15日安値)、81円79銭(8月29日高値)とします。



プロフィール

怠け者の楽々投資

怠け者の楽々投資
プロフィール
好きなもの:昼寝・夜更かし
トレードスタイル:難しことは極力考えず、一度設定したら「ほったらかしで利益をとる」をモットーに、ゆったり中長期トレードします。

参加トレーダー

バックナンバー

FXセミナーはこちら

ガチンコバトルTOPはこちら

ページトップへ