業界最高水準の低スプレッド

主要通貨ペアのスプレッド一覧

市場の価格急変時(震災などの天変地異、重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の
流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大する場合があります。

スプレッドは原則固定(例外あり)

FXブロードネットは、
業界トップクラスの低スプレッドをご用意しております。

取引手数料
0円(※1)
取扱通貨 スプレッド(※2)
USD JPYUSD/JPY (米ドル/円) 0.3銭
EUR JPYEUR/JPY (ユーロ/円) 0.5銭
GBP JPYGBP/JPY (英ポンド/円) 1.0銭
AUD JPYAUD/JPY (豪ドル/円) 0.6銭
NZD JPYNZD/JPY (NZドル/円) 1.3銭
CAD JPYCAD/JPY (カナダドル/円) 4.8銭
CHF JPYCHF/JPY (スイスフラン/円) 3.8銭
ZAR JPYZAR/JPY (南アフリカランド/円)(※3) 16.4銭
EUR USDEUR/USD (ユーロ/米ドル) 0.3PIP
GBP USDGBP/USD (英ポンド/米ドル) 2.6PIP
AUD USDAUD/USD (豪ドル/米ドル) 1.9PIP
NZD USDNZD/USD (NZドル/米ドル) 2.7PIP
USD CADUSD/CAD (米ドル/カナダドル) 3.9PIP
USD CHFUSD/CHF (米ドル/スイスフラン) 2.8PIP
EUR GBPEUR/GBP (ユーロ/英ポンド) 2.9PIP
EUR AUDEUR/AUD (ユーロ/豪ドル) 6.8PIP
EUR NZDEUR/NZD (ユーロ/NZドル) 8.2PIP
EUR CADEUR/CAD (ユーロ/カナダドル) 4.9PIP
EUR CHFEUR/CHF (ユーロ/スイスフラン) 2.8PIP
GBP AUDGBP/AUD (英ポンド/豪ドル) 7.6PIP
GBP NZDGBP/NZD (英ポンド/NZドル) 12.1PIP
GBP CHFGBP/CHF (英ポンド/スイスフラン) 6.3PIP
AUD NZDAUD/NZD (豪ドル/NZドル) 7.1PIP
AUD CHFAUD/CHF (豪ドル/スイスフラン) 3.7PIP

※1 トラッキングトレードで新規約定した取引には、1ロットあたり新規手数料200円(ライトコースは20円)と決済手数料200円(ライトコースは20円)の取引手数料が発生します。取引手数料は新規注文約定毎(繰り返される注文も含みます)に新規手数料と決済手数料を合わせてお客様の証拠金から徴収いたします。

※2 「FXブロードネット」でのスプレッドは、市場の価格急変時(震災などの天変地異、 重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、掲載内容は予告なく変更する場合があります。当社のレート最小単位は0.1PIP (0.1銭)です。
例えば、米ドル/円の売値が117.150円、買値が117.153円の場合、スプレッドは0.3PIPといいます。ユーロ/米ドルにおいては、売値が1.40360、買値が1.40365の場合、スプレッドは0.5PIPといいます。

※3 南アフリカランド/円は10万通貨(1ロット)に対しての取引単位を表し、取引証拠金は上記計算式の1万通貨を10万通貨で計算頂くこととなります。
≪例:ブロード25コースの場合 値洗いレート×10万通貨÷25≫

スワップポイントにつきましては、当社ホームページ上でご確認下さい。

FXブロードネットなら、ドル円0.3銭だけじゃない。
主要な通貨ペアのスプレッドが、
すべて業界トップクラス!

スプレッドとは・・・?

FX取引では、売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されます。
この売り値(bid)買い値(ask)の差を『スプレッド』と呼びます。

つまりスプレッドは取引コスト

売値(BID) と 買値(ASK) の差がスプレッド

例えば、買い値(ask)でポジションを持つと、
ポジションを保有した瞬間から「いくらで売ることができるか?」
売り値(bid)でポジションの時価が計算されていきます。

通常、外国為替市場では、
買い値(ask)の方が売り値(bid)よりも高いため
スプレッドは取引コストと考えられています。

FX会社によって
スプレッドは違うの?

スプレッドが低いってどういうこと?

どのくらいのスプレッドで買い値や売り値を提示できるか。
低スプレッドで安定したレートを提供するのが、FX会社の腕の見せ所です。
FX会社によってスプレッドが異なるのはそのためです。

取引コストを抑えて、どの様にお客様のご注文を市場へ繋げるか?
いかに有利な条件でFX取引を提供できるか?
それが、FXブロードネットに課せられた使命です。

使うほど実感する。
低スプレッドの優位性!

スプレッドが低いとどうなる?

一回の取引ではスプレッドの差も僅かですが、
取引の回数を重ねていくほど、低スプレッドは有利です。

FXをはじめるなら、トップクラスのスプレッド
FXブロードネットで!

スプレッドの原則固定、変動制の違いって?

スプレッドには、以下三つの条件が存在します。
「完全固定スプレッド」「原則固定スプレッド」「変動スプレッド」

完全固定スプレッドとは?
完全固定スプレッドとは、100%固定のスプレッドのことをいいます。
現在、金融商品取引法に基づく登録を受けたFX業者で完全固定スプレッドを提供している業者はございません。

原則固定スプレッドとは?
普段はスプレッドが固定されておりますが、市場の価格急変時(震災などの天変地異、重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大するものをいいます。
詳細は下記「スプレッド変動する要因は?」をご確認ください。

これはどのFX会社でも起こりうることなので、覚えておきましょう。

変動スプレッドとは?
変動スプレッドは、原則固定と異なり、価格急変時以外もスプレッドが常に変動するものです。
流動性が高い場合はスプレッド幅も狭くなり、逆に流動性が低いときはスプレッド幅が広くなります。

通貨ペアによってスプレッドが違うのは何故?

スプレッドは、同一のFX会社でも通貨ペアによって大きく異なります。
FXブロードネットでは、米ドル円のスプレッドは0.3銭原則固定となり、ユーロ円のスプレッドは0.5銭原則固定です。
また、ポンド円は1.0銭原則固定とさらに広がり、カナダドル円は米ドル円のスプレッドの約16倍となる4.8銭原則固定となります。
このように通貨によってスプレッドが大きく異なります。
これはインターバンク市場での流動性が関係しています。

そもそも「インターバンク市場」とは世界中の金融機関同士で売買する為替市場を指します。一般の投資家はインターバンク市場には参加できないため、FX業者が間に入り取引を行います。

国内のFX業者はカバー先(FX業者へレートを提示しているインターバンク市場に参加する金融機関)からのレートを基に投資家へレートを提示します。
そのレートを基にFX業者は投資家からの注文をカバー先に発注し、約定します。

▼対米ドル通貨ペアのスプレッドが狭い理由
インターバンク市場において米ドルは買い手、売りも多く、流動性が非常に高い通貨となります。
その為、カバー先の金融機関もレートが大きく変わる前に直ぐに注文を受けてくれます。
レートの変動が小さいうちに約定するためスプレッドを広くする必要がありません。

▼対米ドル以外の通貨ペアでスプレッドが広い理由
一方ユーロ/NZドルや、南アフリカランド英ポンド/スイスフランなどの対米ドル以外の通貨ペアは買い手、売り手が少なく流動性が少ない通貨となります。
その為、注文をすぐに受けてくれるわけではありません。直ぐに受けてくれないということは、その間にレートが動く可能性が増えてきます。
その結果、FX業者はスプレッドを広くとり、カバー先に発注することでリスクを回避する必要があります。

スプレッドが変動する要因は?

通貨ペアによってスプレッドが違う要因を上記で述べましたが、ここではスプレッドが何故変動するのか説明します。
為替において、流動性が高ければ価格が安定し、スプレッドは狭くなりやすくなります。逆に流動性が低いと価格は不安定になり、スプレッドは広がりやすい傾向になります。

通貨ペア問わずに流動性が低下する要因としては以下があげられます。

重要な経済指標の発表
相場変動の要因の一つとして経済指標の発表があります。経済指標の中でも雇用統計のような重要な指標の発表前にスプレッドの変動がありえます。
雇用統計は重要な経済指標の一つであり、発表前は変動することを見据え、投資家は様子見をすることで取引が乏しくなり、流動性が低くなります。
また、指標発表後は注文が急激に増え、値動きが激しくなります。
このことによりインターバンク市場での取引においてスプレッドを広くする必要があります。
結果的に一般の投資家が取引する際もその影響を受けます。

雇用統計以外にも相場変動の要因となる経済指標はあります。詳細は経済指標カレンダーをご確認ください。

突発的なイベント
北朝鮮によるミサイル発射やテロ、米国大統領等の要人によるサプライズによってもスプレッドが変動します。
急激に売り買いが増えた際、インターバンク市場においてもどれくらいレートが変動するか検討もつかず、結果的にスプレッドを広くすることになります。

流動性の低い時間帯
流動性が高くなる時間帯はロンドン市場、NY市場の開いている間となります。
日本時間で大体16:00~6:00頃で、その中でもロンドン市場とNY市場の重なる22:00~2:00の間はもっとも流動性が高くなる時間帯となります。
一方でNY時間が終わるとオーストラリアやニュージーランドの市場が開く時間ですが、参加者が少なく流動性が低い時間帯となります。

その為、NY市場が閉まる時間の前後(日本時間の朝5時~8時ぐらいまで)はスプレッドが広がることがあります。
また年末年始, ゴールデンウィーク, お盆の時期は流動性がとりわけ低くなることがあります。

スプレッドによってどれくらい利益に差があるの?

利益を出すにはスプレッド以上の利幅をとる必要があります
1回の取引通貨単位を1万通貨として計算してみます。

ドル円のスプレッドが0.3銭のとき以下条件とします。

Bid(売値) 110.000 Ask(買値) 110.003

Askで掲示している110.003円のときにドルを購入したとすると、AskとBidで0.3銭の差があるので、利益を出すにはAskが110.007円(Bidが110.004円)になって初めて利益となります。

一方でスプレッドが1.0銭のとき、同様の取引を行うとすると

Bid(売値) 110.000 Ask(買値) 110.010

AskとBidで1.0銭の差があるので、利益を出すにはAskが110.021円(Bidが110.011円)になって初めて利益となります。

つまりスプレッドが狭いほうが、広い時に比べて値動きが小さくても利益を出すことができます。


なぜスプレッドが発生するの?

為替取引に手数料がないためです。
為替取引に手数料がないため、インターバンク間での取引(※1)では各銀行が収益を上げるために買値と売値で異なる値段を提示しております。

一本値(スプレッド0銭)を例にすると、1ドル110円の時にそのまま1ドル110円で各FX会社に提示して、ほかの銀行へ繋ぐと銀行は収益を上げることができません。その為、買値と売値に価格差をつけ、収益をあげます。

FX会社と一般の顧客との関係も同様で、顧客からの注文をそのままのレートでカバー先へ発注するとFX会社の収益源がなくなってしまいます。

銀行、FX会社は取引手数料を頂かない代わりに、スプレッドという形で収益をあげています。

※1インターバンクとの取引については「通貨ペアによってスプレッドが違うのは何故?」を参照ください。

2wayプライスとは?

そもそもスプレッド(spread)とは「広がり、値幅、差額、広さ」を表します。FX取引では差額を意味します。
FXのサイトや、取引ツールのレートで以下のような表記を見たことがあるでしょうか。

Bid(売値):110.000 Ask(買値):110.003

このようにbidとaskを同時に提示することを2wayプライスといいます。

BidはFX取引で投資家側が売るときの価格で、Askは買うときの価格となります。

他にもニュースなどで以下のような表記を見ることがあります。

ドル円 110.00-110.05

これも2wayプライスでBidが110.00円、Askが110.05円と意味します。

なぜこの様な方式をとっているのかというとBid(売値)、Ask(買値)を同時に提示することで不正なレート提示を防ぎ、公平性を保つためです。

例えば提示したレートがひとつのみの場合、不当なレートであっても顧客は気づきにくいですが、2wayプライスで提示されていると買値、売値がいくらなのか一目で分かります。
また、価格差(スプレッド)も分かるので、極端に広くしていないか判断することができます。


ページトップへ