業界最高水準の低スプレッド

主要通貨ペアのスプレッド一覧

市場の価格急変時(震災などの天変地異、重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の
流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大する場合があります。

スプレッドは原則固定(例外あり)

FXブロードネットは、
業界トップクラスの低スプレッドをご用意しております。

取扱通貨 スプレッド(※1)
USD JPYUSD/JPY (米ドル/円) 0.3銭
EUR JPYEUR/JPY (ユーロ/円) 0.5銭
GBP JPYGBP/JPY (英ポンド/円) 1.0銭
AUD JPYAUD/JPY (豪ドル/円) 0.6銭
NZD JPYNZD/JPY (NZドル/円) 1.3銭
CAD JPYCAD/JPY (カナダドル/円) 4.8銭
CHF JPYCHF/JPY (スイスフラン/円) 3.8銭
ZAR JPYZAR/JPY (南アフリカランド/円)(※2) 16.4銭
EUR USDEUR/USD (ユーロ/米ドル) 0.3PIP
GBP USDGBP/USD (英ポンド/米ドル) 2.6PIP
AUD USDAUD/USD (豪ドル/米ドル) 1.9PIP
NZD USDNZD/USD (NZドル/米ドル) 2.7PIP
USD CADUSD/CAD (米ドル/カナダドル) 3.9PIP
USD CHFUSD/CHF (米ドル/スイスフラン) 2.8PIP
EUR GBPEUR/GBP (ユーロ/英ポンド) 2.9PIP
EUR AUDEUR/AUD (ユーロ/豪ドル) 6.8PIP
EUR NZDEUR/NZD (ユーロ/NZドル) 8.2PIP
EUR CADEUR/CAD (ユーロ/カナダドル) 4.9PIP
EUR CHFEUR/CHF (ユーロ/スイスフラン) 2.8PIP
GBP AUDGBP/AUD (英ポンド/豪ドル) 7.6PIP
GBP NZDGBP/NZD (英ポンド/NZドル) 12.1PIP
GBP CHFGBP/CHF (英ポンド/スイスフラン) 6.3PIP
AUD NZDAUD/NZD (豪ドル/NZドル) 7.1PIP
AUD CHFAUD/CHF (豪ドル/スイスフラン) 3.7PIP

※1 「FXブロードネット」でのスプレッドは、市場の価格急変時(震災などの天変地異、 重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、掲載内容は予告なく変更する場合があります。当社のレート最小単位は0.1PIP (0.1銭)です。
例えば、米ドル/円の売値が117.150円、買値が117.153円の場合、スプレッドは0.3PIPといいます。ユーロ/米ドルにおいては、売値が1.40360、買値が1.40365の場合、スプレッドは0.5PIPといいます。

※2 南アフリカランド/円は10万通貨(1ロット)に対しての取引単位を表し、取引証拠金は上記計算式の1万通貨を10万通貨で計算頂くこととなります。
≪例:ブロード25コースの場合 値洗いレート×10万通貨÷25≫

スワップポイントにつきましては、当社ホームページ上でご確認下さい。

FXブロードネットなら、ドル円0.3銭だけじゃない。
主要な通貨ペアのスプレッドが、
すべて業界トップクラス!

スプレッドとは・・・?

FX取引では、売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されます。
この売り値(bid)買い値(ask)の差を『スプレッド』と呼びます。

つまりスプレッドは取引コスト

売値(BID) と 買値(ASK) の差がスプレッド

例えば、買い値(ask)でポジションを持つと、
ポジションを保有した瞬間から「いくらで売ることができるか?」
売り値(bid)でポジションの時価が計算されていきます。

通常、外国為替市場では、
買い値(ask)の方が売り値(bid)よりも高いため
スプレッドは取引コストと考えられています。

FX会社によって
スプレッドは違うの?

スプレッドが低いってどういうこと?

どのくらいのスプレッドで買い値や売り値を提示できるか。
低スプレッドで安定したレートを提供するのが、FX会社の腕の見せ所です。
FX会社によってスプレッドが異なるのはそのためです。

取引コストを抑えて、どの様にお客様のご注文を市場へ繋げるか?
いかに有利な条件でFX取引を提供できるか?
それが、FXブロードネットに課せられた使命です。

使うほど実感する。
低スプレッドの優位性!

スプレッドが低いとどうなる?

一回の取引ではスプレッドの差も僅かですが、
取引の回数を重ねていくほど、低スプレッドは有利です。

FXをはじめるなら、トップクラスのスプレッド
FXブロードネットで!

ページトップへ