スプレッドの基本用語

2wayプライスとは?

2wayプライスとは?

スプレッド(spread)とは「広がり、値幅、差額、広さ」を表します。FX取引では差額を意味します。 FXのサイトや、取引ツールの為替レートで以下のような表記を見たことがあるでしょうか。

Bid(売値) Ask(買値)
110.000 110.003

このようにbidとaskを同時に提示することを「2wayプライス」といいます。

BidはFX取引で投資家側が売るときの価格で、Askは買うときの価格となります。 他にもニュースなどで以下のような表記を見ることがあります。

ドル円 110.00-110.05

これも2wayプライスでBidが110.00円、Askが110.05円と意味します。

なぜこの様な方式をとっているのかというとBid(売値)、Ask(買値)を同時に提示することで不正な為替レート提示を防ぎ、 公平性を保つためです。

例えば提示した為替レートがひとつのみの場合、不当な為替レートであっても顧客は気づきにくいですが、2wayプライスで提示 されていると買値、売値がいくらなのか一目で分かります。 また、価格差(スプレッド)も分かるので、極端に広くしていないか判断することができます。

Pips(ピップス)とは?

Pips(ピップス)とは?の画像

FXでの為替レートの変動はどのくらいの単位数で変動するのかご存じでしょうか。 実は、為替レートの変動が110円、111円、112円と1円単位で変動するわけではありません。

実際には
110.000円、110.001円、110.002円・・・と0.001円単位で変動します。

この価格の変動単位を「Pips(ピップス、ピプス)」と呼びます。

Pipsは「Percentage_in_points」の略語で、最小通貨単位の1パーセント(1/100)を意味してます。
日本円の最小の単位は1円なので、その1/100である0.01円=1銭が1pipsとなります。

一方米ドルの場合だと、最小単位は1セントとなりますので、

1セントの1/100=0.01セント=0.0001ドルが1pips

となります。

日本円とそれ以外の通貨では1pipsがいくらなのか異なるので注意が必要です。

ただし0.01=1pipsとしているのは円だけなので、

  • 「円は0.01=1pips」
  • 「それ以外の通貨は0.0001=1pips」

と覚えておけば大丈夫です。

多くのFX業者では0.001円ずつ変動します。0.001円は0.1銭なのでFXの最小単位は0.1銭といえます。
 

FX用語集はこちら