FX業者によって
スプレッドは違うの?

スプレッドは業者によって異なる

業者によるスプレッドの違い

どのくらいのスプレッドで買い値や売り値を提示できるか。 低スプレッドで安定した為替レートを提供するのが、FX業者の腕の見せ所です。 FX業者によってスプレッドが異なるのはそのためです。

取引コストを抑えて、

  • どの様にお客様のご注文を市場へ繋げるか?
  • いかに有利な条件でFX取引を提供できるか?

それが、FXブロードネットに課せられた使命です。

 

FXブロードネットのスプレッド一覧

低スプレッドのほうが有利なのか

日本国内で提供されるFX取引では、取引手数料が無料のサービスが主流です。 したがって、スプレッドがそのままFX取引に掛かるコストとなるケースがほとんどです。

FXブロードネットでも取引手数料は0円※です。
※トラッキングトレードの手数料は10,000通貨当たり片道200円発生します。

コストは取引結果に直接影響しますので、やはりスプレッドは狭い方が有利です。 通貨を対象とするFX取引では、スプレッドの差はとても少額ですが、取引回数が増えるとその違いは歴然です。

低スプレッドのほうが有利なのか

スプレッドが1銭のA社とスプレッドが0.2銭のB社とで比較してみましょう。 一回の取引ではスプレッドの差も僅かですが、 取引の回数を重ねていくほど、低スプレッドは有利です。