開示情報

外国為替証拠金取引(FX取引)のFXブロードネットです

開示情報

自己資本規制比率(2016年推移)

自己資本規制比率とは

「自己資本規制比率」は金融商品取引業者が、金融商品取引業を行う上で、保有資産の価格変動等のリスクが顕在化した場合でも、短期間に対応できる支払い能力を有しているかどうかを示す指標です。
この比率は金融商品取引業者の財務の健全性を測る重要な指標とされ、金融商品取引法第46条の6では、金融商品取引業者はこの比率が120%を下回ってはならないと定めています。

固定化されていない自己資本の額とは

固定化されていない自己資本の額は、基本的項目(自己資本)に、補完的項目(引当金や劣後債務など)を足したものから、控除資産(固定的資産)を控除したものになります。

(単位:百万円)

項目 平成28年11月30日現在
自己資本規制比率
(A) / (B)
675.3%
固定化されていない自己資本の額
(A)
1,977
市場リスク相当額
取引先リスク相当額
基礎的リスク相当額
0
21
270
リスク相当額合計
(B)
292

※自己資本規制比率は、小数点以下第2位以下を切り捨て、小数点以下第1位まで記載しております。

自己資本規制比率は、金融商品取引業者の財務の健全性を測る重要な財務指標です。
計算方法は、以下のとおりです。

自己資本規制比率(%)= 固定化されていない自己資本の額 / リスク相当額 x 100

金融商品取引業者は、金融商品取引法第46条の6第2項により、自己資本規制比率を120%以上に維持することが義務付けられています。

総口座数ならびに年間取引高推移(年末時点)

総口座数 年間取引高
(十億円)
純資産推移
(百万円)
自己資本規制
比率(%)
2014年12月 167,642 85,354 4,955 675.3
2013年12月 158,829 96,709 4,860 685.8
2012年12月 146,369 67,898 4,161 637.9
2011年12月 128,784 95,566 4,370 515.9
2010年12月 101,690 123,644 3,891 577.1
2009年12月 67,612 172,285 3,149 423.8
2008年12月 30,732 150,585 1,445 375.7
2007年12月 1,214 262 281.4

総口座数とは

表記する口座数は、2007年12月3日新サービス開始より現在までに口座開設完了に至った総口座数となります。
※当社は、2007年11月30日をもって、IB業務(GFT)を終了し、プリンシパル業務へ移行しており、該当取引口座はGFTへ移管しております。

年間取引高とは

お客様が取引された全通貨ペアの売注文、買注文を通貨単位ごとに集計し、該当月における月末時の為替レートで円換算した金額となります。
※円換算レートは、日本銀行の報告省令レートを使用しております。

ページトップへ