テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/27のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2017/4/24)(PDF)

デイリーレポート

昨日のドル/円相場は、トランプ大統領による北米自由貿易協定(NAFTA)離脱撤回が伝わり、安心感からドルが底堅い動きとなりました。 ただし、上値の重さも意識され、ゆっくりとした動きで上昇しNY時間で111円60銭まで達しました。 その後、3月の米耐久財受注が前月比0.7%増と市場予想を下回り、同時に発表された新規失業保険申請件数が25.7万件と市場予想を上振れたことを受け、ドルは反落し111円05銭の安値をつけました。 NY引けにかけては、111円台を維持したため、じりじりとショートカバーが入り111円前半での動きを続けました。 米景気の先行きへの期待からドルの下値は支えられているものの、今週末の米債務上限到達を背景とした米政府機関の閉鎖に対する懸念が強まっており111円台後半は重くなっています。 テクニカルで見ても、相場は横ばいを続けるボリンジャーバンドの中に納まっていることやRSIが中立の50レベルで推移していること、MACDがゼロ近辺でシグナルとの交錯を続けていることなど、明確な方向性がないことが示唆されています。 チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ