テクニカルで検証する昨日の相場

2018/4/20のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2018/04/16)(PDF)

デイリーレポート

4月20日のドル/円相場は、東京時間では商業決済が集中しやすい五・十日ということもあり、仲値の午前10時にかけて実需筋のドル買い/円売りが出て107円73銭まで上昇しました。 その後は利食いのドル売りに押され値を戻しましたが、下値は107円半ばまでで底堅く、すぐに反発、NY時間では2か月ぶりの高値である107円86銭まで上昇しました。 目新しい材料はなかったものの10年物の米国債利回りが一時2.96%と2014年1月以来の水準に上昇したことがドル買いにつながったと指摘されます。 ドルの下値はすでに107円半ばが抵抗となってきており、108円抜けを試せるかどうかが注目されます。 ただしテクニカルを見ると、先週末は価格が高値を更新しているものの、RSIは頭打ちとなってしまっており、短期的な反落の可能性が示唆されています。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ