テクニカルで検証する昨日の相場

2018/8/16のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2018/08/13)(PDF)

デイリーレポート

8月16日のドル/円相場は、東京時間朝方に前日の海外市場の安値を再度試しに行き110円45銭の安値を付けました。しかし、その後はドルの買い戻しが優勢となり110円後半へ反発、欧州時間も110円後半での取引が続きました。この間、MACDが買い転換しており、その後のドル上昇を示唆する形となっています。 NY時間に入ると、序盤に発表された8月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は21カ月ぶりの低水準となり、7月の住宅着工件数も市場予想を大幅に下回ったことからドルは110円56銭まで値を下げました。 その後、米国と中国が貿易協議を再開すると伝わり、米中貿易摩擦への懸念が後退し、米株式相場が大幅に上昇したことを受けドルも反発、さらにトランプ大統領やクドロー米国家経済会議(NEC)委員長がドル高を評価する発言をしたこともあり111円12銭まで上昇しました。ただし、引けにかけてはムニューシン米財務長官が、トルコ当局が拘束している米国人牧師を解放しなければ、追加制裁を科す用意があると語ったことを受けドルは上げ渋り110円90銭水準で引けています。 ドル/円は110円半ばから下値が堅くなる一方、111円台では上値が重く、本日も110円後半での小動きが続くことが予想されます。 ※チャートは、ドル/円の一時間足ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ