テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/27のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/27)(PDF)

デイリーレポート

昨日のドル/円相場は、週明けの朝方111円近辺でスタートしたものの、その後はじりじりと軟化する動きとなりました。 先週末のトランプ米大統領の医療保険制度改革(オバマケア)代替法案撤回を受けて、米政権運営の先行き不透明感が意識されたと指摘されます。 また、日本株の下落もドル安要因として意識されていました。 テクニカルでは、朝方の下落でボリンジャーバンドの下抜けとバンドウォークの形成が見られますが、RSIは横ばいとなっており110円台前半での底堅さが意識されます。 欧州時間に入る、ドルが反発する局面もありましたが戻りは鈍く、NY時間には110円11銭の安値まで下落しました。 しかし、その後NYダウが下げ幅を縮めたことや、米長期債利回りが小幅ながら上昇したこともあり、ドルはじわじわと上がり、ドル円は110円後半まで値を戻してNYを引けています。 MACDがNY時間のドルの底打ちに先駆けて買い転換しており、NY午後のドル上昇を支持する形となっていることがわかります。 トランプ政権下での財政改革に対する期待が後退したものの、足元の米景気は底堅く、FRBは利上げ継続の姿勢を変えていないことからドルの下値を売り込んでいくことが難しいことを確認しました。 しかし、ドルを買い上げていくだけの新たな材料は無く、本日も110円台後半の方向感のない動きが続きそうです。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ