テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/17のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/13)(PDF)

デイリーレポート

先週のドル/円相場は、14、15日に行われたイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で「利上げを過剰に長く待つことは賢明ではない」との見解が示され、また「財政政策の変更は金利見通しに影響する可能性もある」と指摘したことを受け、トランプ政権の税制改革が景気加速を促し場合、利上げペースは速まる可能性があるとの見方が広がりました。 また、15日に発表された1月米消費者物価指数(CPI)と1月米小売売上高が予想を上回ったことで、ドルは一時114円96銭まで上昇しました。 しかし、節目の115円を抜け切ることができなかったことで利食いのドル売りが強まり、また欧州の政治不安に対する市場の警戒感の再燃もあって、週末には112円台半ばまで押し戻される動きとなりました。 テクニカルで見ると、遅行スパンがローソク足の動きに引きずられ同調しています。 この動きが続くのであれば、今週も112円〜115円水準での方向感のない動きとなりそうです。 ただし、一気に上抜けると、逆行の動きとなり急騰リスクがあることには注意が必要です。 また、RSIが切り上げってきていることから、ドルの下値は底堅く推移するかもしれません。 ※チャートは、ドル/円の日足一目均衡表RSIを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ