テクニカルで検証する昨日の相場

2019/9/19のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2019/09/09)(PDF)

デイリーレポート

9月19日のドル/円相場は、東京朝方は前日の流れを引き継ぎ108円半ばで始まったものの、1カ月半ぶりのドル高水準ということで本邦輸出勢の売りが先行、108円ちょうど付近まで軟化しました。 昼に日銀金融政策決定会合で現行政策の維持を決めると、何らかの追加緩和措置を実施すると期待していた向きから円の買い戻しが流入し、一時107円79銭まで下落しました。 オーストラリアの経済指標に反応し、豪ドル/円が74円前半から73円前半まで急落したことにつられた円買いもドル/円下落の材料となったとの指摘もあります。 その後は、欧州時間からNY時間にかけて108円を挟んで方向感のない小動きが続きました。 米中通商交渉に関し、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが、早期に合意しなければ「米政府は対中関税を50%または100%に引き上げることもあり得る」との米政府関係者の話を伝えたこともドルの重しになったようです。 日米の金融政策決定会合という重要なイベントを通過したことで、マーケットはやや材料出尽くしムードとなっており、本日は週末ということもあり、明確な方向性の出る動きは期待できないものと思われます。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ