テクニカルで検証する昨日の相場

2020/1/27のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2019/12/23)(PDF)

デイリーレポート

1月27日のドル/円相場は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、前週末NY終盤の水準から窓を開けスタートし、午前8時過ぎには108円73銭と今月8日以来2週間半ぶりの安値を更新しました。 その後、ドルのショートカバーも入り109円台を回復したものの上値は重く、109円を挟んだ取引が続きました。 ただし、東京午前のドル反発で、MACDが買い転換しており、ドルの底堅さを示唆する形となっていました。 NY時間に入っても、新型肺炎のまん延に収束の兆しが見えないことで世界景気の不透明感は根強く、NYダウが朝方に一時549ドル下落するなど株安もリスク回避の円買いにつながり、ドルの上値の重い動きが続きました。 ただし、NY時間のドル安値は108円85銭までで、下値を追いかけて売り込んでいく勢いもありませんでした。 NYダウが400ドル以上の下げで終わっており、本日は日経平均続落の可能性が高く、リスクオフの流れは続きそうで、ドルの上値の重い動きが予想されます。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ