テクニカルで検証する昨日の相場

2019/11/19のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2019/11/18)(PDF)

デイリーレポート

11月19日のドル/円相場は、東京朝方こそ前日の流れを受けドルが軟調に推移し、一時108円47銭まで軟化したものの、その後はドルの買い戻しが優勢となる動き、欧州時間には108円84銭まで値を戻しています。 しかし、NY時間に入ると、一部報道で「発動済みの対中制裁関税をどの程度撤廃するかなど、中国との部分合意の詳細を巡り米政権内で意見が割れている」と報じられたことで米中貿易協議の不透明感が続きドルは再び下落する動きとなりました。 この下落で108円46銭の安値を付けましたが、この水準は下方ボリンジャーバンドが位置しており、下値抵抗となって下支えされています。 昨日も、米中交渉を巡る思惑から方向感のない動きとなり、108円台での小動きが続いています。 本日も同様に108円台での動きが続きそうですが、米中交渉に関するヘッドラインによっては、波乱が起きる可能性もあり注意が必要な状況に変化はないでしょう。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ