テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/21のドル円相場の考察

為替相場の動きをテクニカルで検証してみます。

「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略

最新のウィークリーレポートはこちら(2017/6/19)(PDF)

デイリーレポート

昨日のドル/円相場は、東京時間から欧州時間にかけては、111円台前半で小動きが続くなか、ややドルの上値の重い動きとなりました。 東京朝方の111円41銭を高値に欧州午前では111円07銭の安値をつけています。 ただし、欧州時間の動きをテクニカルで見ると、価格の下落にもかかわらず、RSIはやや上昇しており、ダイバージェンスが確認でき、その後のドル反発を示唆するものとなっていることがわかります。 NY時間に入ると、5月の米中古住宅販売件数が562万戸と市場予想や前月を上回ったことやフィラデルフィア連銀のハーカー総裁が英FT紙とのインタビューで9月にもバランスシート縮小開始の可能性を示唆したことなどを受け、ドルの買戻しが強まり、東京時間の高値を上抜いて111円74銭まで上昇しました。 この上昇でボリンジャーバンドを上抜けたものの、一過性の動きで、その後反落に転じています。 NY午後には、原油価格の下落に伴い米国債利回りが上値を抑えられたことで、ドルも軟化し、111円前半まで押し戻されてNYを引けています。 昨日も一昨日同様に111円台で方向感を見失った動きとなっており、本日東京時間でも111円台前半から半ば近辺で様子見姿勢が続くものと予想されます。 ※チャートは、ドル/円の1時間足ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

【執筆:人見 正延】
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、日系の証券会社に入社し外国為替部門のディーラーとなる。その後、大手邦銀での為替ディーリングや通貨ファンドのファンドマネージャー、為替ストラテジストなどを歴任し、一貫して外国為替の世界に携わる。2007年、株式会社FXトレーディングシステムズ(現 株式会社FXブロードネット)取締役に就任。

記事一覧

古い記事

デモ取引はこちら

ページトップへ