• FXサービスコスト0.2銭
  • ガチンコバトルで4人のトレーダーが競いあう
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

FXスプレッドとは?取引をはじめる前に知っておきたい全知識

主要な通貨ペアのスプレッドが、すべて業界トップクラス!

主要通貨ペアのスプレッド一覧

スプレッドとは

FXにおける「スプレッド」とは、売り値(bid)と買い値(ask)の差額のことです。

FXを行う際の取引画面には、以下の図のように“売り値”と“買い値”の2つの価格が同時に表示されます。このスプレッドが狭いほどコストが下がり、トレーダーにとってメリットになるのです。コストの計算方法については「FXのスプレッドコストの計算方法」をご覧ください。

スプレッドとは売り値と買い値の差

なお、このスプレッドですが、原則固定であったとしても変動しやすい時間帯や相場環境があります。詳しくは「FXにおいてスプレッドが変動する3つの要因」にてご確認ください。

スプレッドは業者によっても異なるので、低スプレッドでサービスを提供してくれるFX業者を選ぶのがおすすめです。そこで続いては、FXブロードネットのスプレッドにおける強みをご紹介してまいります。

FXブロードネットの
スプレッドの強み

ドル円のスプレッドで現在では「0.2銭」を実現

弊社は、2007年10月に店頭外国為替証拠金(FX)取引のオンラインサービス「FXブロードネット」の提供を開始いたしましたが、開始当初からドル円スプレッド0.9銭を打ち出し、当時の低コストの常識を覆すスプレッド1銭未満のFXサービスを先駆けて提供して参りました。

ドル円のスプレッドは、2012年4月より0.3銭にて提供しておりますが、現在ではFX各社のサービスを制限なく利用できるスプレッドとしてこの水準が低スプレッドのスタンダードとなっております。

スプレッド一覧

FXサービス取引コスト満足度 第1位

ゼネラルリサーチ株式会社が2018年8月に実施したイメージ調査結果として当社FXブロードネットが「FXサービス取引コスト満足度第1位」に選ばれました。

ドル円のスプレッド以外にも、コストを抑えて有利に取引をするために、下記の表のとおり低スプレッドを実現しています。

低スプレッドでコストを抑えるために、ぜひ当社FXブロードネットをお選びください!
口座開設はこちらから 無料

主要通貨ペアのスプレッド

通貨ペア

午前8時~翌午前4時(※)

午前4時~
午前7時(※)

午前7時~
午前8時(※)

米ドル/円 0.2銭 2.0銭 10.0銭
ユーロ/円 0.5銭 5.5銭 15.0銭
英ポンド/円 1.0銭 17.5銭 25.0銭
豪ドル/円 0.6銭 6.0銭 15.0銭

スプレッドは完全固定されたものではございません。市場の価格急変時(震災などの天変地異、 重要指標発表時間帯および市場の需給に大きく影響を与える経済イベントの発生等)や市場の流動性が低下している状況(米国市場閉場前後の時間帯、年末年始、クリスマス時期等)においては、スプレッドが拡大する場合があります。

スワップポイントにつきましては、スワップポイント一覧をご確認下さい。

スプレッド一覧

関連情報