• FXサービスコスト0.2銭
  • FXの儲け方や勝ち方を徹底解説【トラッキングトレードガチンコバトル】
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

pipsとは?FXの最小単位を基礎から解説

最終更新日:

FXでは為替レートの最小単位をpips(ピップス)といいます。

pips(ピップス)とはスプレッドの単位

pipsとは「Percentage_in_points」の略語で、最小通貨単位の1パーセント(1/100)を意味してます。

FXでの為替レートの変動はどのくらいの単位数で変動するのかご存じでしょうか。
実は、為替レートの変動が110円、111円、112円と1円単位で変動するわけではありません。実際には、110.000円、110.001円、110.002円…と0.001円単位で変動します。

この価格の変動単位を「pips(ピップス、ピプス)」と呼びます。

FXスプレッドとは?取引をはじめる前に知っておきたい全知識

詳しく見る

1pipsいくら?計算方法を解説

pipsと銭と円の対応表

日本円の最小の単位は1円なので、その1/100である0.01円=1銭が1pipsとなります。例えば100pipsの値動きと言ったら1円の値動きを意味します。

一方米ドルの場合だと、最小単位は1セントとなりますので以下のようになります。

1セントの1/100=0.01セント=0.0001ドルが1pips

日本円とそれ以外の通貨では1pipsがいくらなのか異なるので注意が必要です。ただし0.01=1pipsとしているのは円だけなので、pipsの計算方法は

  • 円は0.01=1pips
  • それ以外の通貨は0.0001=1pips

と覚えておけば大丈夫です。

多くのFX業者では0.001円ずつ変動します。0.001円は0.1銭なのでFXの最小単位は0.1銭といえます。

【初心者におすすめ!】FXのやり方・稼ぎ方をわかりやすく解説

詳しく見る

はじめてのFXなら
FXブロードネットがおすすめ

FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

いますぐ無料で口座開設

新規お申込み限定キャンペーン実施中

最大60,000円キャッシュバック

PAGE TOP

最短3分でお申込み完了 口座開設をする(無料) 最短3分口座開設をする(無料)