• FXサービスコスト0.2銭
  • ガチンコバトルで4人のトレーダーが競いあう
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

チャーティスト先生の売買戦略

【第1位】 実現損益 +65,913円(収益率 +22.0%)[2018年7月4日~2018年8月31日06:00まで]

■今週のトレード結果はこうなりました! 2018年8月17日6時~8月31日6時までの実現損益 +1,161円(収益率+0.9%)
内訳
・ドル円買い設定  +1,161円(利食い回数: 5回 損切回数:0回)

2018/8/31時点で設定中のトラッキングトレード

通貨ペア ポジション方向 想定変動幅 ポジション間隔 対象資産 実現損益(運用期間)
ドル円 買い 330pips 17.3pip 120,000円 +12,386円(運用中)

設定開始日7/30 設定時の相場水準 111.05円近辺 注文ロット数:1ロット 最大ポジション数19


【7/30時点で上記設定した根拠と戦略】 ・ドル円日足ボリンジャーバンドは「買い」
・ドル円日足一目均衡表が「買い」
・ドル円週足ボリンジャーバンド・一目均衡表はともに「買い」
・上記3点から「買い設定」に決定。
・想定変動幅は、(5/21高値)111.394-108.110円(5/29安値)=3.284円から3.3円(330pip)に決定。
 
・コアレンジ:110.50~113.00円
・想定レンジ:109.00~114.50円

・1つ目のポジションが損切りになった(想定変動幅分逆方向に動いた)場合の損失合計額
 33,000円(想定変動幅3.3円×(最大ポジション数19+1)×1000通貨)÷2 
 
・停止の目安:114.30円近辺(利食い)、109円近辺(損切り)

【過去の設定履歴】 ------------------------------------------------------------------------------
■ユーロ円 売り(設定開始日2018/7/4  設定時の相場水準128.698円近辺)
想定変動幅365pip
・対象資産 210,000円  
・ポジション間隔11.6pip
・損益+53,527円(7/4~8/23停止時点まで)

※8/23日に停止したユーロ円の売り設定で残った30ポジション保有中
 決済買いOCO注文中(利食い126.30円 損切り131.20円)
------------------------------------------------------------------------------




【8/31時点の戦略】 ■ユーロ円
・ユーロ円日足ボリンジャーバンドは「売り」
・ユーロ円日足一目均衡表は「売り」
・ユーロ円週足ボリンジャーバンドは「売り」、一目均衡表は「売り」
・上記3点から8/23に「売り設定」を停止したものの、売りポジション30(3万通貨)を保有中

・コアレンジ:126.30~130.90円(先週から上方修正)
・想定レンジ:124.90~131.20円(先週から変わらず)

・決済の目安:126.30円近辺(利食い)、131.20円超え(損切り)

■ドル円
・ドル円日足ボリンジャーバンドは「中立」
・ドル円日足一目均衡表が「中立」
・ドル円週足ボリンジャーバンド・一目均衡表はともに「買い」
・上記3点から「買い設定」継続。

・コアレンジ:110.00~112.15円(先週から下方修正)
・想定レンジ:109.00~114.50円(先週と変わらず)

・停止の目安:114.30円近辺(利食い)、109円近辺(損切り)



A君:先生、今週もユーロ円上がりましたね。
先生:そうだね。8/23に「ユーロ円売り」設定を停止して良かったよ。。
A君:でも、先生。停止した時に残ったユーロ円の売りポジションを持ってるんですよね?
先生:そうだよ。
A君:大丈夫ですか? 評価損。
先生:今のところ。
A君:えらい落ち着いてますね。
先生:トレンドは、売りで変わってないと思ってるので。
A君:えーこれだけ、上げてもトレンドは買い転換してないんですか?
先生:日足は中立、週足は「売り」優勢の形状だよ。
A君:なるほど。でも、このまま上がり続けたら買いに転換しますよね。
先生:そうだね。その時は買い(両建て)を入れて、休戦だね。
A君:超えたらまずい、上値の目途はどこなんですか?
先生:7/31高値8/1高値の131.20円近辺、次が7/17高値132円近辺だね。
A君:なるほど、つまりそこを上抜けしなければ、トレンドは転換しないと。
先生:しょういうこと。
A君:ユーロ円底堅いと思いますけどね。
先生:急激に上がったものは、急激に下がる可能性高し!!
A君:そういうもんですかね。
先生:山高ければ、谷深し!
A君:なるほど。ドル円は?
先生:順調だね。想定通り買い優勢のままなので。
A君:ドル円は、確かに底堅い感じしますね。
先生:そうだね。上値も少し重そうだけど、下げた時の買い意欲も高そうだね。
A君:まさにトラッキングトレード向きですね。
先生:初心者は、ドル円買いが良いんじゃないかな。
A君:ユーロ円は、向いてないんですか?
先生:ここ数カ月、上げ下げの幅が大きいので、含み損(評価損)も大きくなるので、
   それも考慮して、冷静でトラッキングトレードできるだけの経験・理解力が不可欠だね。
A君:なるほど。確かにトラッキングトレードが常に含み損(評価損)抱えた状態ですもんね?
先生:しょういうこと。相場が逆方向に進んだらどんどんポジションを持って行くので、含み損(評価損)も増えるからね。
A君:でも、相場が戻れば、利益に変わるんですよね?
先生:しょういうこと。それがリピート系注文の特長だからね。
A君:でも相場がプラスの方向に戻らなければ損しますよね。
先生:もちろん。その時は停止するしかないね。
A君:先生のユーロ円みたい?
先生:やかましい。本来は、イメージ通り行って、含み損(評価損)がほとんどない状態で停止する予定だったけどね。
A君:そうですね。
先生:引き続き、トレンドが転換するか否かに注視して、チャートの形状を見るだけだね。今日はこの辺で。


トラッキングトレード設定のコツはこちら

プロフィール

チャーティスト先生

チャーティスト先生
プロフィール
好きなもの:チャート分析、シュノーケリング
トレードスタイル:トレンドライン、一目均衡表、ボリンジャーバンド、RSI、フィボナッチリトレースメント、パターン分析を使い、トレンドに乗る順張りスタイル。たまに逆張りトレードもします。

参加トレーダー

バックナンバー

FXセミナーはこちら

ガチンコバトルTOPはこちら

ページトップへ