• FXサービスコスト0.2銭
  • ガチンコバトルで4人のトレーダーが競いあう
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

トラトレめがねの売買戦略

【第2位】 実現損益 +76,251円(収益率 +25.4%)[2018年10月1日~2018年12月7日07:00まで]

2018/12/7時点で設定中のトラッキングトレード

通貨ペア ポジション方向 想定変動幅 ポジション間隔 対象資産 実現損益(運用期間) 決済回数
ポンド円 売り 700pips 19.4pip 347,309円 +28,942円(運用中) 152回(利食い回数:152回 損切り回数:0回)

設定開始日:2018/11/15 設定時の相場水準145.29円 注文ロット数:1ロット

【11/5に設定した根拠】 ■売り設定に決めた理由
・英国のブレクジット(英国のEU離脱)を巡る懸念からしばらくは下落相場を予想するため

■想定変動幅を700pipに決めた理由

高値と安値の目安を以下の数値に決定

・ 9月21日高値:149.72円
・10月26日安値:142.77円

差額を計算:149.72円 - 142.77円 = 6.95円

キリの良い数値として700pipで設定

■運用停止の目安

過去のチャートを確認すると138.50円~140円あたりには抵抗帯になると判断。
そのため目安である10月26日安値:142.77円を下回った場合には買い設定に変更予定。

また、10月26日安値:142.77円に達する前に反発して150円へ達した場合には設定を停止する予定です。

【12/7時点の戦略】 今週もポンド円は軟調に推移しました。
英国によるEU離脱(Brexit)に関する不透明さから上値が重い状況が続いています。

英政府は離脱合意に関して法務長官が提供した法的助言の全容を公開しましたが、北アイルランド国境問題について解決できない
場合には、厳格な国境管理を避けるための「バックストップ」が無期限に続く可能性があると記載されており、与党や保守党内の
離脱支持派からの反発を誘い、来週の英議会での離脱合意案が承認される可能性がより後退したとの見方が強まっております。

先週は113円割れで設定停止を検討する目安としていましたが、現状のまま買い設定に変更するのは
離脱合意案が否決されるリスクが高いため、売り設定を継続することにしました。

来週11日(火)に開催される英議会での決定次第でポンド円は大きく動きそうなので要注意です。
合意された場合はポンド買い、否決された場合は売りといった単純な流れになるでしょう。

10月25日安値142.77円-11月22日高値145.96円のレンジを抜けれるかに注目です。





【過去の設定履歴】 ------------------------------------------------------------------------------
■ポンド円:売り(設定開始日2018/10/2 設定時の相場水準148.03円近辺)
想定変動幅:700pip
・対象資産:300,000円  
・ポジション間隔:18.1pip
・最大ポジション数:33
・注文ロット数:1
・運用期間:10/2~11/7
・損益:+49,448円(10/2~11/7停止時点まで)
・利食い回数:279回、損切り回数0回(33ポジション保有→11/15決済)
・損益-2,139円(11/15に11/7停止時点に残った33ポジションを145.68円で利食い)
・合計損益+47,309円(10/2~11/7停止~11/15全決済まで)
------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

トラトレめがね

トラトレめがね
プロフィール
好きなもの:メガネ、こたつ、トレンドライン
トレードスタイル:GMMA(日足)を使って、トラッキングトレードを「買い」にするか「売り」にするか、
想定変動幅(レンジ)をどうするかなど、判断します。
通貨ペアは、ポンド円がメインです。たまに他の通貨にも手を出すこともあります。

参加トレーダー

バックナンバー

FXセミナーはこちら

ガチンコバトルTOPはこちら

ページトップへ