• FXサービスコスト0.2銭
  • ガチンコバトルで4人のトレーダーが競いあう
  • FXブロードネットのトラッキングトレード

怠け者の楽々投資の売買戦略

【第4位】 実現損益 +2,506円(収益率 +0.8%)[2018年10月1日~2018年10月5日06:00まで]

2018/10/5時点で設定中のトラッキングトレード

通貨ペア ポジション方向 想定変動幅 ポジション間隔 対象資産 実現損益(運用期間)
豪ドル円 買い 500pips 10.0pip 300,000円 +2,506円(運用中)

設定開始日:2018/10/2 設定時の相場水準81.85円

【10/2設定時の根拠】 1.豪ドル円は、2016年11月7日の安値76円78銭から2018年6月7日高値84円53銭の7円80銭ほどの値幅で推移している。
 現在の価格レベルはこの値幅のほぼ中間に位置しているので、設定は買いでも売りでもどちらでもよかったのですが、スワップポイントを考慮して買いでスタートします。
 
2.想定した変動幅は500pip(5円幅)
 2016年11月7日につけた安値76円78銭を最終サポートラインとして、想定変動幅下限を76円85銭とする。
 ※81円85銭(運用開始価) - 5円(想定変動幅)=76円85銭
 
3.取引停止水準も同レベルの76円78銭(2016年11月7日安値)としますが、前回安値の78円68銭を割り込んだ場合は、そのときの相場の勢いしだいでは一旦停止を考えます。

【10/5時点の戦略】 来週の想定レンジは79円70銭~81円80銭とします。
たまにレートチェックして、このレンジ内での値動きでしたら、不安なく「ほったらかし運用」です。

・レンジ上限の81円80銭を上抜けてきたとき
 想定変動幅が上方向にずれてくる水準なので、そのときは、改めて下値目処をチェックしますが、想定変動幅下限が78円台にのらなければ静観です。

・レンジ下限の79円70銭を下抜けてきたとき
 想定変動幅下限の76円85銭まで下値を見れるので、急落が無い限り「ほったらかし運用」ですが、米中貿易摩擦の話題が再浮上してくるようだと、設定内容の再確認が必要かと思われます。


プロフィール

怠け者の楽々投資

怠け者の楽々投資
プロフィール
好きなもの:昼寝・夜更かし
トレードスタイル:難しことは極力考えず、一度設定したら「ほったらかしで利益をとる」をモットーに、ゆったり中長期トレードします。

参加トレーダー

バックナンバー

FXセミナーはこちら

ガチンコバトルTOPはこちら

ページトップへ