テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

新値足

新値足は、価格トレンドを把握するためのチャートスタイルです。 上昇相場では以前の高値を上回ったときに、下降相場では以前の安値を下回ったときに初めて行を変え、新しい足を記入していきます。したがって、上昇局面で高値を更新したときは陽線 (青ヌキ) 、下落相場で安値を更新したときは陰線 (赤ヌキ) が記入されていきます。一般的によく使われるのが「新値三本足」で、高値や安値が続いているときは新しい足を次々に引きますが、相場の方向が上昇→下降 下降→上昇と変化したときはすぐに足を書き入れません。転換点を確実にとらえ、売買のタイミングを逃さないために、前の三本の足を抜く変化があったときだけ足を加えます。もっと中・長期的な予測をするには「新値五本足」「新値十本足」を使用する場合もあります。

新値足は終値を用いて計算します。つまり、上昇トレンドでは、以前の高値を更新した際に、下降トレンドでは 以前の安値を下回った際に行を変えて新しい足を追加します。

新値足

新値足には時系列新値足と非時系列新値足が存在します。
非時系列新値足は、相場が上か下かのトレンドを保っているうちには大きな効果を発揮する半面、相場がもみあいやボックスになったときにはチャートが描かれなくなってしまいますから、分析手段としての役割も果たさなくなってしまいます。
それを補う意図で考案されたものが、時系列新値足です。ここでは時系列新値足を解説します。

本来、新値足では、時間の概念を無視しトレンドというものを掴もうとするものですが、時系列新値足では、足の追加が行われない場合(以前の高値を更新しなかった場合)は、下図の様に足幅を延長し描画します。
したがって、足幅が異なる足描画となります。

たとえ足は短くてもそれが太くなればなるほど、それだけ同水準での滞空時間が長いことを示し、逆に足が長くても細ければ、その水準はサッと駆け抜けたということを示します。
つまり、過去の同じ水準に太くて短い足があれば、それはチャートとして一つのポイントになっていることを示すわけです。

新値足

売買シグナル・基本的な新値足の見方

 ・売りシグナル
  新たな陰線が出現したとき (陰転) が売りとなります。
 ・買いシグナル
  新たな陽線が出現した時(陽転)が買いサインです。

新値三本足の陽転/陰線

・直近三本の陰線を上回れば陽転となり下降トレンドから上昇トレンドへの転換サイン
・直近三本の陽線を下回れば陰転となり上昇トレンドから下降トレンドへの転換サイン

その他の見方

 ・陽転の場合、その前続いている陰線の本数が多いほど、その後の上げ相場を見込めます。
 ・陰転の場合、その前に続いている陽線の本数が多いほど天井と捉えることが出来ます。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ