トラッキングトレード

自動取引をするトラッキングトレードの解説します。

トラッキングトレードの実用例

裁量トレードに比べて、7倍利益

為替相場は、上昇・下降・横ばい相場のいずれも細かい上げ下げを繰り返して、動いています。
トラッキングトレードはこの細かい上げ下げを利用し、コツコツ利益を積み上げていくリピート型の注文方法です。

例えば、米ドル円を110円で買って、112円で売った場合、2円の利益が出ますが、一直線に上がることはほとんどありません。
レートが2円上がる仮定で、何銭、何十銭と細かく上げ下げを繰り返します。その上げ下げを細かく売り買いできれば、2円の値幅の何倍もの利益を手にすることが可能になります。

【トラッキングトレード運用例】

たった3週間で3053.7pipsの利益(収益率10.2%)

2018年1月11日から2月2日までの3週間、トラッキングトレードの「ユーロ円買い」を運用した結果、投資資金30万円で利益3万537円でした。 運用期間のユーロ円の最大値幅は、444.9pips(4.449円)ですが、トラッキングトレードの利益幅は約3053.7pips(30.537円)となり、最大値幅の7倍の利益幅を獲得しました。

最安値(134.13円)で買って最高値(137.505円)で売ると+3,375円の利益
たった3週間で3411.9pips獲得+34,119円の利益(収益率+12.6%)

【注意事項】
上記トラッキングトレードの数値は、2018年1月11日~2018年2月3日の期間で、実際の取引レートと同じレートを使用したデモ口座での実績値(手数料とスワップポイントは考慮していません)です。
トラッキングトレードは利益を保証するものではなく、損失が発生する場合もございます。

トラッキングトレードの手法、設定のコツを大公開!!

トラッキングトレードの注文の仕組み

レートが想定変動幅で横ばいに推移している場合、トラッキングトレードは一定の買い値段と売り値段で注文を繰り返してコツコツ利益を積み重ねていきます。
予想と反対方向に想定変動幅を超える値動きがあると、そのタイミングで損切りが発生しますが、新たな水準で横ばい相場が形成されれば再び利食いのチャンスが巡ってきます。
予想通りの方向に想定変動幅が突破された場合には、利食いをしなが値動きを追いかけて仕掛けるレンジをトラッキングしていきます。

トラッキングトレードをもっと知りたいあなたに

トラッキングトレード がちんこバトル

ページトップへ