テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の取引データに基づいて値動きを分析する手法です。
取引データは基本的にすべての市場参加者が入手可能であり、テクニカル分析を根拠にしたトレードが価格動向に与える影響も少なくありません。
株式など他の投資商品にもテクニカル分析は共通して使われますが、特にFXチャートでは理論通りの値動きとなることが多いと知られています。
例えば為替ディーラー達のみの間で交わされる取引状況や、要人発言に対する市場の総意を一般の投資家が誰よりも先に入手することは困難です。
価格データは誰もがすぐに入手でき、分析して取引に活用することが可能なため、テクニカル分析の視点を持つことが大変重要です。

FXブロードネットでは、取引ツールに搭載しているものを中心にテクニカルチャートの基本的な見方と使い方をご紹介します。
また、ローソク足の形状や出現パターンを相場分析やトレードに活用するプライスアクションの基礎知識についてもご説明します。

プライスアクションは、値動きに変化の起きやすい価格水準でよく発生するローソクの足形状や出現パターンから相場状況を分析して売買に活用していく取引手法です。

プライスアクションの基本法則や9つ存在するプライスアクションをそれぞれ図解と共にご紹介します。
また、動画でも分かりやすく解説を行っています。

弊社テクニカルアナリスト人見 正延が前日の為替相場の動きを、各テクニカルで検証します。

ページトップへ