くりっく365

くりっく365をはじめよう

くりっく365について

「くりっく365」は、日本で初めての公的な取引所における外国為替証拠金取引(FX)です。東京金融取引所(略称「金融取」)に上場された「くりっく365」は、取引所取引ならではのたくさんのメリットをもっており、多くの投資家の支持と注目を集めています。「くりっく365」が多くの投資家から選ばれる理由として、以下のような魅力があげられます。

有利【レートの透明性】

くりっく365では、マーケットメイカー方式という仕組みによってお客様に有利なレートを提供しています。ここでは、有利なレート提供がどのように行われるか、その仕組みについて解説します。

価格提供の仕組み

くりっく365では、外国為替市場における世界有数の、複数の金融機関から価格の提供を受け、その価格の中から最も安い買い価格(売気配)と、最も高い売り価格(買気配)を抽出し、リアルタイムで提供しています。
その為、お客様はその時点における最も有利な価格で取引を行えます。この付合せの方式は、マーケットメイク制度と呼ばれ、リアルタイムに反映した取引機会をお客様に提供するもので、公正かつ健全で有利な価格提供といえます。東京金融取引所へ価格の提供を行っている金融機関を、マーケットメイカーと呼んでいます。

くりっく365の提示レート(例)

スワップポイントは一本値

くりっく365では、スワップポイントを、受取側と支払側とで同額(一本値)に設定しています。

くりっく365スワップポイント

安心【証拠金の保護(信託&区分管理)】

くりっく365でお預かりしたお客様の資産は、建玉の有無に限らず東京金融取引所に預託されます。

証拠金は取引所で保護

金融商品取引法に基づき、お客様のポジション状況にかかわらず、お客様から預かった証拠金の全額を、金融取に預託致します。従って、万一弊社が破綻してしまった場合でも、金融取に預託された証拠金は原則、全額保護されます。
また、金融取引所に預託されたお客様の証拠金は、金融取引所で区分管理されます。この区分管理とは、お客様の証拠金を弊社の資金や、金融取引所の資金とは区別して管理することです。

証拠金の流れ

税制【税制の優遇】

取引所為替証拠金取引のくりっく365では、「分離課税」、「他の取引所上場先物取り引きとの損益の通算」、「3年間の損失繰越控除」という税制面の優位性があります。

税率は申告分離課税にて一律20%

くりっく365での利益(売買益、スワップポイント収益)は雑所得として申告分離課税の対象となり、税率は所得にかかわらず一律20%(所得税15%+住民税5%)になります。

例:給与収入における課税所得700万円の人が、FXで100万円の利益が発生した場合のトータル課税(所得税+地方税)

ブロードネットくりっく365

FXブロードネット(店頭取引)および他の取引所上場先物取引との損益の通算が可能

所得税を計算する際、くりっく365は、FX店頭取引である「FXブロードネット」、取引所上場先物取引である金先物といった商品先物取引、TOPIXといった証券先物取引との損益を差し引き計算する事ができます。これを損益の通算といいます。
例えば、「FXブロードネット365(取引所取引)」で利益が出た場合でも、「FXブロードネット(店頭取引)」で損失が出ていれば、両者の損益を通算する事により、節税が可能です。

他の取引所上場先物取引との損益通算が可能

<損益の通算の対象となる主な取引>
・大阪取引所における日経平均株価先物取引「日経225」、「日経225mini」
・東京証券取引所における東証株価指数先物取引「TOPIX」
・国内商品先物取引所における「商品先物取引」
・大阪取引所における「日経225オプション」等
・店頭外国為替証拠金取引における「FXブロードネット」等

3年間の損失繰越控除が可能

くりっく365の取引で損失が出た場合、また損益の通算を行った結果、その年に控除しきれない損失額が発生したような場合では、その損失を翌年以降3年間にわたって、くりっく365や他の取引所上場先物取引で発生した利益から控除する事ができます。
損失の繰越控除の適用を受ける為には、損失の金額が生じた年(毎年1月~12月)について、確定申告をしておく必要があり、かつ、その後についても継続して確定申告を行う必要があります。
尚、税率、課税関係は、税法及びその解釈が将来変更される可能性がありますので、詳細は税務署、税理士等の専門家にお問合せ下さい。

3年間の損失繰越控除が可能

ページトップへ