テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

ストキャスティクスRSI

ストキャスティックRSIは、1994年にトゥーシャー・シャンデとスタンリー・クロールが開発した指標です。その名の通り、ストキャスティクスとRSIを合わせてできた指標で、より正確に言えば、RSIの値を、ストキャスティクスの式に入れて計算しなおしたもので0~100までの値をとります。

ストキャスティックRSI

通常のストキャスティクスでは、実勢価格を元に算出されますが、ストキャスティクスRSI では実勢価格ではなくRSI を利用し算出します。
ストキャスティクスRSIの計算の基礎となるのがRSIなので、まずRSIを求めます。

Aパターン

RSI=A÷(A+B)×100

A : N日間の値上がり幅平均  B : N日間の値下がり幅平均

Bパターン

一日目

RSI=A÷(A+B)×100

A : N日間の値上がり幅平均  B : N日間の値下がり幅平均

二日目以降

RSI´=A´÷(A´+B´)×100

A´:(A×(N-1)+当日の値上がり幅)÷N  B´:(B×(N-1)+当日の値上がり幅)÷N

A : N日間の値上がり幅平均  B : N日間の値下がり幅平均

上記計算によって求められた値を、ストキャスティクスの%Kの式に代入します。

ストキャスティクスの%Kは、下記の計算式で算出します。

%K(n日間)=(終値-n日間の最安値)÷(n日間の高値-n日間の安値)

従いまして、ストキャスティクスRSIは下記の計算式で算出されます。

(RSIの現在値-n日間のRSIの安値)÷(n日間のRSIの高値-n日間のRSIの安値)

また、ストキャスティクスRSIとシグナル線の関係は、ストキャスティクスでいうところの「%K」と「%D」の関係に相当します。ストキャスティクスにおける%Dが%Kを平滑化したものであるように、シグナル線はストキャスティクスRSIを平滑化したものです。

ストキャスティクスRSIが示す値は、RSIのn日間の動きの中で、相対的にどのレベルにあるのかということで、RSIが設定期間中でもっとも低い値をとった場合、ストキャスティクスRSIは0を示します。

逆に、RSIが設定期間中もっとも高い値をとった場合は、ストキャスティクスRSIは100を示し、ストキャスティクスRSIは、RSIと比べて、値動きにより敏感といった特徴があります。

ストキャスティクスRSIの利用方法

基本的には、ストキャスティクスRSIとシグナルを併用しストキャスティクスと同様の見方をします。

20%以下を売られ過ぎ、80%以下を買われ過ぎの水準とし、その付近でストキャスティクスRSIとシグナル線のクロスを売買のシグナルと判断します。

ストキャスティクスRSIがシグナル線を下から上へ抜けた時が「買い」サイン、逆に上から下に抜けた 時が「売り」サインとなります。

ストキャスティクスRSIの利用方法

また、価格の動きとストキャスティクスRSIの動きが逆行した時は、相場の天底の出現を示唆する可能性高いと判断します。

ストキャスティクスRSI利用の注意点

同じ設定期間では、RSIに比べストキャスティクスRSIの方が、より価格の動きに敏感に反応します。

いずれの指標もボックス相場での逆張りに使うことが多いですが、RSIの場合は50%前後の辺りで推移し売買のシグナルが出ないまま、時間だけが過ぎるということがよくあります。

その意味でも、ボックス相場で短期的売買を行おうとする場合、RSIに比べストキャスティクスRSIの方を利用した方が上手くいくケースも多いと考えられます。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ