テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

RSI

RSI(The Relative Strength Index)は日本語で相対力指数と訳され、一定期間の値動きに対して上昇分の値動きが占める割合を算出し、価格の上昇の強さを数値化したチャートです。
考案者は、テクニカル指標の父、米国のJ.W.ワイルダー。チャートの数値が一定の範囲(0~100など)で行ったり来たりする、いわゆるオシレーター指標の中でも、RSIは最もポピュラーなチャートの一つであり、FX取引でもよく使用されるチャートです。

RSIの計算式には2つのパターンがあります。
下の例は、計算期間を14(日足であれば14日間)とした場合

Aパターン

RSI=A÷(A+B)×100

A:直近14本について、終値で前の足から上昇した値上がり幅の平均

B:直近14本について、終値で前の足から下落した値下がり幅の平均

RSI Aパターン

Bパターン

1本目は、Aパターンと同じ計算式で算出

RSI=A÷(A+B)×100

2日以降は

RSI=A'÷(A'+B')×100

A':(前の足で計算したRSI×13+当日の値上がり幅)÷14

B':(前の足で計算したRSI×13+当日の値下がり幅)÷14

RSI Bパターン

どちらも計算の対象期間の全体の価格変動に対して、上昇した分の値動きが占める割合を計算していますが、ワイルダーは修正移動平均を用いたBパターンでRSIを考案しています。日本では間違って概念が先行して伝わったためか、Aパターンが紹介されることが多いようです。
BパターンとAパターンを比較すると、前の足で算出したRSIを最新のRSIの計算に使う分、Bパターンの方がスムージングされた滑らかなラインを描画します。

RSIの利用法

1.RSIのもっとも簡単な利用法

RSIを使った判断で最も単純な方法は、70~80を買われ過ぎ、20~30を売られ過ぎの基準として、相場の行き過ぎから反転が近いと予想する方法です。
つまり、RSIが70~80を超えてきたところで逆張りの売り、30~20を割り込んできたところで逆張りの買いと判断します。

しかし、この使い方の弱点として、RSIは元々値動きの強さを数値化する指標であるため、大きなトレンドに発展する値動きでの初動ではトレンドの発生から初期段階でRSIが急激に反応し、買われすぎ、売られ過ぎの水準に留まり続ける現象が起こります。

このような場合は、RSIを逆張りのシグナルとして売買をしても、相場はなかなか反転せず、ポジションが踏み上げられてしまうことになるので注意が必要です。

2.ダイバージェンス

相場の値動きが新高値や新安値を付けたにもかかわらず、RSIの方はその前後に高値や安値を更新できなかった場合、相場転換の可能性を示唆するRSIのダイバージェンス・パターン(逆行現象)として注目されます。

ある程度値段が動いたことによってポジションの手仕舞いのための反対売買が増えたり、相場の天底が近いと予想して逆張りの新規売買が増大することによる値幅拡大が引き起こす現象で、トレンドの大転換のシグナルとなることがあります。

RSI ダイバージェンス

※RSIとローソク足との逆行現象を見るには、RSIの表示部分にトレンドラインを描画できる、FXブロードネットのダウンロード版取引システムをご利用ください。

3.リバーサルシグナル

RSIの分析方法には、相場の反転を予想して逆張りでの売買に利用する手法がよく知られていますが、トレンドの継続を示唆するシグナルとしてRSIのリバーサルシグナルがあります。
リバーサルシグナルは、隠れたダイバージェンス(Hidden Divergence)と呼ばれることもある様に、ダイバージェンス同様、値動きとRSIの逆行現象に注目します。

リバーサルシグナルは、前述の通りトレンドの継続を示唆してくれるシグナルです。
上昇トレンドを例にすると、上昇トレンドの途中で値動きは押し目を形成したものの、価格はトレンドの中での安値を更新せず、RSIの方だけがトレンド中の安値を更新。 下降トレンドでは、反対に、価格の高値とRSIの高値を比較してリバーサルを確認します。

もちろん、どの様なテクニカル分析にもダマシが発生しますが、RSIのリバーサルシグナルはトレンド途中の押し目の判断に有効な分析手法として知られています。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ