テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

一目均衡表

一目均衡表は、一目山人(細田吾一)氏が作成した純国産のテクニカル分析です。
一目均衡表は波動・時間・水準を総合的に取り入れたチャートであり、相場のバランスをビジュアルに表現したものです。
時間分析を主体として波動分析に及ぶ非常に奥の深いテクニカル分析ですが、ここではチャート的な分析について説明します。

一目均衡表

一目均衡表はローソク足とともに5本の線を描くことによって作られます。
一目均衡表
を構成する5本の線は以下の計算式によって算出されます。

  1. 基準線(赤線)=(26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
  2. 転換線(黄色)=(9日間の最高値+9日間の最安値)÷2
  3. 先行スパン1(グレー線)=(基準線+転換線)÷2を26日間先行させたもの
  4. 先行スパン2(青線)=(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を26日間先行させたもの
  5. 遅行スパン=当日の終値を26日遅行させたもの

なお、過去の日数は当日を含み、遅行スパン以外は終値ではなく実際の最高値、最安値を利用します。
また、現在では一般的にどのような期間の足でも利用していますが、一目山人本人は日足のみで利用すべきチャートと言っています。

一目均衡表の利用方法

1.基準線と転換線の交差

一目均衡表において転換線と基準線は、それぞれ短期と長期の移動平均線的な役割となっています。
利用方法も同様で、転換線が基準線を上から下に抜けると売り、逆に下から上へ抜けると買いサインとなります。

2.先行スパンの利用

2本の先行スパンで囲まれた範囲を「先行スパンの雲」と言います。
先行スパンの雲は抵抗帯として認識され、厚みがあるほど強い抵抗と判断できます。
つまり相場よりも上に雲がある場合は上値抵抗のある下落相場、相場よりも下に雲がある場合を下値支持のある上昇相場と考えます。
また、雲がねじれてクロスしたところを「先行スパンの変化日」と呼び相場の転換の目安になるといわれており、相場が変化日近辺を通過する場合には注意が必要となります。

3.遅行スパンの利用

遅行スパンは当日終値を26日逆行させただけの単純なものですが、一目山人は最も重要な線と言っており、相場の大きな転換を示すとされています。
遅行スパンが26日前の相場を上抜いた時を上昇転換、下抜いた時を下降転換と考えます。

4.三役好転

上記の三点、基準線と転換線、現在の相場と雲、遅行スパンと26日前の相場の3つの関係が転換線›基準線、現在の相場›雲、遅行スパン›26日前の相場となっている場合を「三役好転」と言い相場は強気相場になったと判断します。
また、すべてが逆になった場合も同様で、弱気相場を確認するサインとなります。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ