プライスアクション講座

一時的な値動きの停滞を示すプライスアクション

アウトサイド

アウトサイド

アウトサイドは、直前の値動きをすっぽりと包み込むローソク足のことを言います。
アウトサイドとなったローソク足が母線となり、母線の高値/安値のブレイクを待ちます。
アウトサイドは、リバーサルなどの他のプライスアクションと併発されることが多く、母線のブレイクする方向への売買が基本戦略となります。
アウトサイドとインサイドとの交互の発生もしばしば見受けられます。
複数本のローソク足を包み込むアウトサイドは売り買いの拮抗が強く意識され、母線ブレイクによる値動きは強くなることが多いです。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ