プライスアクション講座

一時的な値動きの停滞を示すプライスアクション

インサイド

インサイド

インサイドは、前のローソク足の価格範囲にすっぽりと値動きが収まるローソク足のことを言います。
値動きを包み込む大きなローソク足を母線と呼び、母線の高値/安値のブレイクを待ちます。
インサイドは相場の保ち合いを示しており、方向感なく値動きのエネルギーが貯め込まれていきます。
母線のブレイクはそのエネルギーの放出のきっかけとなりやすく、ブレイクした方向への売買が基本戦略となります。
インサイドは、大小1本ずつの組み合わせとは限らず、母線に対して複数本がインサイドの状態になることもあります。
その場合はインサイドの意味合いが強く意識され、母線ブレイクによる値動きは強くなることが多いです。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ