くりっく365サービス概要

くりっく365ロスカット・追加証拠金

ロスカット・追加証拠金

ロスカット

ロスカット

当社では、有効証拠金(口座資産に含み損益を加味し、出金依頼額を差し引いた額)がロスカット値(取引証拠金の20%)を下回った場合、損失の拡大を防ぐため、お客様が保有する全てのポジションを成行注文にて決済いたします。また、その際に、未約定注文である指値注文等についても全て取消が行われます。

 

ご注意事項

  • 当社では有効証拠金がロスカット値を下回った時点でロスカットが執行されます。ロスカットの事前通知制度(マージンコール)は設けておりませんので、ご注意ください。
  • ロスカットが執行された時に、発注したロスカット注文がすぐに成立しない場合がございます。その場合、注文が成立するまでの間に相場が変動し、預託証拠金額以上の損失が発生してロスカット注文が成立することもございます。
  • プレオープン時間帯は取引時間ではありませんが、気配値は提示されているためロスカットの判定は行われます。このプレオープン時間帯に相場が急変してロスカットが執行された場合には、ロスカット注文が発注されますが、取引時間外のため発注された注文は待機の状態となり、取引開始後に取引所に注文が発注され、成立することになります。
  • ロスカット発動時にクロスカレンシーのポジションを保有していて、かつ、クロスカレンシーが取引時間外だった場合、クロスカレンシーのポジションのロスカット注文は取引時間外のため待機となり、クロスカレンシーのポジションは取引可能時間に入ってから決済されます。
  • クリスマスなど、相場参加者が少ない場合などは市場の流動性が著しく乏しくなり気配値のレート配信がされなくなって、レートが大きく変動する場合や取引が停止してしまうことがあります。このような取引の相手方が提示する気配値が少なくなった状態で、ロスカットが執行された場合などには、注文が殺到して、注文の成立が順番待ちとなることがあります。

追加証拠金

1日の取引時間終了時(通常時:午前7:20、米国サマータイム時:午前6:20)に証拠金不足の判定を行います。不足金が発生した場合には、翌取引日の5:00(米国サマータイム時:午前4:00)までに不足金額以上のご入金をいただくか、またはポジションの一部(全部)を決済することで不足金額を解消する必要があります。また、その際に、未約定注文である指値注文等についても全て取消が行われます。

当社において、翌取引日の5:00(米国サマータイム時:午前4:00)までに不足金額が解消されない場合には自動的に強制決済となります。

判定時に 有効証拠金 < 証拠金基準額 だった場合、証拠金不足の確定となります。

証拠金不足

  • 米国サマータイム期間中の証拠金不足の判定は午前6:20、入金期限は午前4:00となります。
  • 判定基準は東京金融取引所が定める証拠金基準額です。
  • 有効証拠金とは、口座資産に含み損益を加味し、出金依頼額を差し引いた額です。

留意事項

  • 取引時間中の相場変動により有効証拠金が回復し、証拠金基準額を上回った場合でも、証拠金不足は解消されません。不足金を解消するためには、翌取引日の午前5:00(米国サマータイム時 午前4:00)までに不足金額以上のご入金をいただくか、またはポジションの決済(一部または全部)をする必要があります。
  • 不足金が発生した場合は、不足金が解消されるまで、新規注文の発注および出金依頼を行うことはできません。

ページトップへ