法人口座証拠金制度の変更について

(個人のお客様は、変更ございません)

金融商品取引業等に関する内閣府令の改正に伴い、当社「FXブロードネット」をご利用の法人のお客様につきましては、2017年2月20日(月)より、以下のとおり、証拠金率およびロスカット等の取引ルールを変更いたします。
なお、ログインID等の変更はございませんので、お客様ご自身での手続きは不要です

主な変更点

取引証拠金が変更になります。
これまでの一律固定の証拠金額ではなく、過去の相場変動に基づいて通貨ペア毎に変動し、毎週見直しが行われます。
取引証拠金を決める為替リスク想定比率は、毎週金曜日を基準に算定し、新しい取引証拠金は翌週火曜日から適用致します。
2017年2月20日(月)の取引証拠金については、2017年2月10日(金)を基準日として算定された取引証拠金が適用されます。
取引コースが変更になります。
ブロード1法人コース・ブロード20法人コース・ブロード100法人コースは、「ブロード法人コース」へ、ブロード20ライト法人コース・ブロード100ライト法人コースは、「ブロードライト法人コース」へ変更になります。
なお、ログインIDの変更はございませんので、ご利用の口座は従来のままお使いいただけます
ロスカットルールが変更になります。
法人コースのロスカット値はすべて一律で取引証拠金の額(取引証拠金×100%)となります。

証拠金の公表日と適用期間例

証拠金の公表日と適用期間例イメージ

取引ルール(新旧対照表)

新(2017年2月20日以降) 旧(2017年年2月17まで)
取引コース ブロード法人コース (※1~3から変更) ブロード1法人コース(※1)
ブロード20法人コース(※2)
ブロード100法人コース(※3)
ブロードライト法人コース (※4~5から変更) ブロード20ライト法人コース(※4)
ブロード100ライト法人コース(※5)
取引証拠金 過去の相場変動に基づいて、通貨ペアごとに毎週見直し
(毎週金曜日を基準に算定し、翌週火曜日から適用)
一律固定
有効証拠金 有効証拠金とは、口座資産に含み損益を加味し、出金依頼額を差し引いた額です。 有効証拠金とは、口座資産に含み損益を加味し、注文中証拠金と出金依頼額を差し引いた額です。
ロスカット 有効証拠金がロスカット値を下回るとお客様が保有する全てのポジションを自動的に反対売買により決済いたします。
ロスカット値
ブロード法人
(ブロードライト法人コース)
取引証拠金×100%
ロスカット値
ブロード1法人コース 取引証拠金×1%
ブロード20法人
(ブロード20ライト法人)
取引証拠金×8%
ブロード100法人
(ブロード100ライト法人)コース
取引証拠金×40%
両建時の取引証拠金 同通貨ペアについては、「売り・「買い」いずれか保有数量の大きいポジション分のみ取引証拠金が必要です。 「売り・「買い」双方に対して、全てのポジション分の取引証拠金が必要です。
【注意事項】
2017年2月20日(月)に適用される新しい証拠金制度では、既存のポジションについても毎週見直しされる証拠金率が適用される為、通貨ペアによっては、取引証拠金額が増えることにより、口座維持率が低下し、ロスカットされる恐れがあります。
本改正内容をご理解の上、ポジション管理に十分ご注意ください。

ページトップへ