テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

VLDMI

VLDMIは、買われ過ぎ/売られ過ぎを示すオシレータ指標です。
代表的なオシレータにRSIがありますが、VLDMIはボラティリティ(価格変動率)によって計測期間を変えることにより、RSIよりも感度の高い指標として知られています。
一般的には、70~80以上を買われ過ぎ、逆に20~30以下を売られ過ぎと判断します。
つまり、VLDMIは「算出期間が変化するRS」と言うことが出来ます。

VLDMI

VLDMIの見方

・VLDMIの読み方はRSIと同様70~80で買われすぎ、20~30で売られすぎと見ます

RSIに対するVLDMIの優位性はVLDMIのほうがRSIに対しやや先行するということです。RSIより先にボトムアウトないしピークアウトするのでRSIを用いるときより機動的なポジションメークができます。

ボトムアウト…………相場などがもう下がらないところまで下がること。
ピークアウト…………頂点に達すること。また、そこから減少に転じること。
ポジションメーク……売りもしくは買いの売買を新規に開始すること。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ