テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

ケルトナーチャネル

ケルトナーチャネルは移動平均線(以後、中間線と言います)と、それを中心に挟んだ上下ラインの計3本のラインで構成されます。
そして、値動き(ローソク足実線)がケルトナーチャネルの上下のラインを飛び出した方向に、強いトレンドがあると判断します。

相場のエントリー時は適しておりますが、トレンドの終息時に明確なシグナルを発しないため、他の指標を活用する等して利食いや損切りポイントを設定することを推奨します。

ケルトナーチャネル

基本的な売買サイン

・中間線の上にあるライン(ハイバンド)を上抜いたら買いサイン
・中間線の下にあるライン(ローバンド)を下抜いたら売りサイン

(中間線はそれぞれの場合において、サポート/レジスタンスとして機能します)

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ