テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

DMI (Directional Movement Index)

RSIやパラボリックと同じくJ.W.ワイルダー氏が考案しました。市場のトレンドの有無を測定するために開発されています。

DMIの計算式には2つのパターンがあります。

Aパターン (計算過程で平均を行う場合は単純平均を使用します。)

A(N)=A÷N  A:N日間の値の合計

DMI

Bパターン (計算過程で平均を行う場合一日目は単純平均を使用します。)

A(N)=A÷N A:N日間の値の合計

二日目以降は修正平均を使用します。

B(N)=(B´×(N-1)+当日の値)÷N  B´:前日の値(N)

DMI

DMIの考案者であるJ.W.ワイルダー氏は、平均値を算出する際に単純平均ではなく修正平均を使用しており、Bパターンに該当するものが、オリジナルの計算式となります。

Aパターンについては、日本において一般的に採用されており、J.W.ワイルダー氏の考案した計算式をアレンジしたものと言えます。「+DI」と「-DI」は、ある期間の価格の動きのうち、±方向の割合を表すもので「ADX」は、トレンドの強さを表します。

ADXは、トレンドの方向を区別せず上昇・下降どちらかにトレンドがある時に上昇していきます。

ADXが上昇している時はトレンドが進行中で、下降している時はトレンドが調整中で相場は保ちあいにあると判断し、+DIが-DIより上にあれば上昇トレンド、+DIが-DIより下にあれば下降トレンドと判断されます。また、+DIと-DIのクロスは相場の転換点を示唆しますが、ボックス相場には弱いといった特徴があります。DMIと一緒にADXを用いてADXが上方を向くとトレンドの開始を表し、下方向を向くとトレンドの終了と判断されます。

DMIの利用方法

1.+DIと-DIのクロスで売買タイミングを判断する

■+DIが-DIに対して上方向にクロス

  +DIが-DIを上に抜いたということは、+方向の価格の動きが-方向を上回ったことを意味するので、「買い」となります。

■+DIが-DIに対して下方向にクロス

  +DIが-DIを下に抜いたなら、-方向の力が強いことを意味するので「売り」となります。

 この方法で売買をすると、ダマシが多くなるといった欠点があります。また、レンジ相場では+DIと-DIが頻繁にクロスしてしまうといったこともあります。

DMI +DIと-DIのクロスで売買タイミングを判断する

2.+DIと-DI とADXも組み合わせて判断する

+DIと-DIのクロスだけでは、ダマシが多いという点があることから、ADXも組み合わせてダマシを減らすことが考えられます。

トレンドがはっきりしない時は、ADXの値は低くなっていますが、トレンドがはっきりしてくるとADXの値は上昇していき、トレンドが終わるとADXの値は下がり始めます。この性質を利用して以下のように判断することが出来ます。

■+DIが-DIを下から上に抜いた後、ADXが上昇過程にる場合、買いのトレンドが発生していると判断します。

+DIが-DIを上に抜いたということは、+の力が大きくなっていることを意味します。さらに、ADXが上昇-が見られる場合は、上昇トレンドがはっきりしたことを意味します。

■+DIが-DIを上から下に抜いた後、ADXが上昇している際は、売りトレンドが発生していることを意味します。

下図の例ですと、買いサイン(黄丸)が出ておりますが、この時点では買いのトレンドは発生しておらず、実際の相場は一定レンジ内の動意となっております。その後期間をあけて、ADXが上向きとなり、買いのトレンドが発生していると判断できます。

DMI +DIと-DI とADXも組み合わせて判断する

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ