テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

EMA (Exponential Moving Average) -- 指数平滑移動平均線 --

SMA(単純移動平均線)は、過去の終値の平均から算出されますので、トレンド転換後、新しいトレンドが発生したことを示すシグナルを発するのが遅いといった欠点があります。この問題を改善すべく考え出されたのがEMA(指数平滑移動平均線) です。

EMA

EMA(指数平滑移動平均線)は、使い方や売買の判断方法は単純移動平均線と同じですが、直近の価格に比重をかけて算出する為、SMA(単純移動平均線)に比べ直近の動きに敏感に反応します。

EMA(指数平滑移動平均線)は、以下の計算式で算出されています。

一日目の計算方法は、単純移動平均と同じで、対象期間における終値の平均

二日目以降を「前日の指数平滑平均+k×(当日終値-前日の指数平滑平均)」

k=2÷(n+1)、 n=期間

EMAの利用方法

EMA(指数平滑移動平均線)は、使い方や売買の判断方法はSMA(単純移動平均線)と同じで期間の異なる2本の移動平均を利用する「ゴールデン・クロス」と「デッド・クロス」が使われることが多いようです。

1.ゴールデン・クロス

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上へクロスすることをゴールデン・クロスといい「買い」のサインとなります。

EMA ゴールデン・クロス

2.デッド・クロス

ゴールデン・クロスの逆で短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下へクロスすることで「売り」のサインとなります。

EMA デッド・クロス

EMA利用の注意点

EMA(指数平滑移動平均線)は、SMA(単純移動平均線)に比べて振幅が小さく、反応が早い為、トレンドの転換点を早めに認識出来るといった特徴がありますが、そもそもの移動平均線の意味であるデータのスムージング(平滑化)が出来にくくなるといったデメリットもあります。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ