テクニカルチャート講座

FX取引には欠かせない、各種為替チャートについて解説しています。

ピボット

ピボットは、J・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標で、「リアクション・トレンド・システム」ともいいます。

ピボットは、タイプとしては方向性のない相場で利益を出すことを目的とするシステムですが、市場が突然ある方向に、それも急激に動いた場合は、自動的にトレンド追随モードに切り替わります。そして、トレンドが終わるとシステムも再度アンチトレンドモードに戻るシステムといえます。

ピボットのアクションポイントは以下の計算式で算出されます。

基準値 P=(H+L+C)/3(H=前日高値、L=前日安値、C=前日終値)

D1=H−P   D2=P−L   D3=H−L

HBOP(High Break Point)=P+D2+D3=2P−2L+H

S2(抵抗線)=P+D3=P+H−L

S1(抵抗線)=P+D2=2P−L

P

B1(支持線)=P−D1=2P−H

B2(支持線)=P−D3=P−H+L

LBOP(Low Break Point)=P−D1−D3=2P−2H+L

ここで注意すべきことは、上記6つのアクションポイントは翌日(次の足)のみで有効となるという点です。

ピボット/HBOP/LBOPを表示

ピボット HBOP/LBOP

B1・B2/S1・S2を表示

ピボット B1・B2/S1・S2

一般的なピボットの使い方

ピボットは、相場がHBOPとLBOPの間に収まっている位置は持ち合い相場ととらえ、B1・B2の支持線接近で買い、S1・S2の抵抗線接近で売りとなります。

また、HBOP・LBOPを抜けた場合はトレンドモードに入ったと考え、HBOP上抜けで買い、LBOP下抜けで売りとします。また、支持線と抵抗線のレンジが狭くなってくるとトレンド変化の兆しと考えられ、レンジ幅の拡大は相場の振れが大きくなるリスクの高まりとみます。

テクニカルで検証する昨日の相場

FXブロードネットの取引システムなら
ローソク足を使ったテクニカルチャート分析を今すぐ試せます!

業界最高水準低スプレッドUSD/JPY0.3銭※例外あり

新規口座開設でキャッシュバック 最大20,000円キャッシュバック

ページトップへ